スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これだけは揃えたい!一人暮らしの必須アイテム⑧~新生活フェア編~  

3,4月というのは

新入社員や新入生などの

引越し&新生活スタートで

特に東京などは慌しくなる時期です。


一人暮らしを始める人たちに対して

メーカーやお店も色々と新生活フェアを

してくれます。


僕の場合だとビックカメラで

新生活応援セットなるものを買いました。

内容は、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・掃除機

オーブントースターという一人暮らしにはほぼ

必要なものがそろって69800円でした!!


こうやって新生活フェアやセールを狙うって

いうのも一つの方法だと思います。

そういえば無印良品のほうでも

今10%オフのセールをしているので

食器や雑貨はこちらで揃えてみようと

狙ってます(☆∀☆)







スポンサーサイト

これだけは揃えたい!一人暮らしの必須アイテム⑦~掃除機編~  

3月に入ってそろそろ

引越しという方も多いのではないでしょうか?


僕も最近一人暮らしを始めたんですが、

あっという間に部屋が汚くなってるので

びっくりしています^^;


そこでこの前ビックカメラで掃除機を買ったんですが、

結構種類が多かったので

一人暮らしのための掃除機の選び方を

紹介しちゃいます!!

キャニスタ型掃除機



①カタチで比べる
大きく分けてキャニスター型、スタンド型、
ハンディー型の3つがあります。

キャニスター型は↑の写真のように
ごくごくスタンダードなタイプです。
スタンド型は本体に直接ヘッドがついている
コンパクトなタイプです。
そして最後にハンディー型が
一番小さいタイプです。

パワーと大きさを比較すると
キャニスター>スタンド>ハンディーで
価格で比較すると
ハンディー>スタンド>キャニスター
となっています。

一人暮らしの部屋は広くはないと思うので
場所をとらないスタンド型かハンディーが打倒でしょう。


②集塵方法
掃除機はホコリを吸うんですが、
吸ったホコリを貯める方法も2通りあります。

-紙パック式
掃除機が吸ったホコリは取替え可能な
紙パックにたまります。
一定以上ホコリがたまったら
紙パックを交換しないと
吸引力が落ちます。

-サイクロン式
サイクロン式ではホコリを
フィルターを通して空気と
分解して内部のダストカップに
ためます。
ダストカップを掃除しないといけないですが、
紙パックを余分に買わなくていいのが
メリットです。

値段で言うと
サイクロン式のほうが高いので
ここは財布との相談になると思われます。

③電圧
200Wとか100Wとか
書いてあるんですが、
これは数字が高ければ高いほど
吸う力が強いと思ってください。

大概安いものはパワーも低いですが、
あまりにもパワーが低いとゴミを
吸ってくれないのである程度の
電圧は確保しておいたほうがいいでしょう。


これであなたの部屋に最適な
掃除機が見つかれば幸いです^^







これだけは揃えたい!一人暮らしの必須アイテム⑥~テレビ編~ 

東京でもどこでもそうですが、
一人暮らしをするにあたって
最も必要になってくるものの一つに
テレビは欠かせないでしょう。

tv



今回は一人暮らしの為のテレビの選び方を
一緒に見てみましょう。

①自分の部屋に合ったサイズを調べる

これはかなり大事なポイントになってきます。
小さい部屋に大きなテレビを置いても目に悪いし、
大きな部屋に小さなテレビを置いても味気ないです。

それでは何を目安にするかというと、
テレビの縦の長さです。

テレビを見る位置はテレビの縦の長さの5~7倍として
サイズを選ぶと最も自分の部屋に合ったサイズがわかります。

②テレビの種類を知る
テレビは大きく分けて
ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ
3種類があります。

ブラウン管は最もスタンダードなテレビで、
安価で丈夫なのがウリです。
しかし奥行きがあるために場所をとってしまうのが
難点なところです^^;

液晶テレビはノートパソコンの画面と
同じ材質のもので薄くて場所をとらないことと電気代を
安く抑えることができるのが強みです。
しかし壊れやすく、高価なところもあります。

最後のプラズマテレビはよく
CMなどでも見ることが多いと思いますが、
何といってもその大画面によって迫力ある映像が
楽しめるんですが、高価なことと狭い部屋には
置けなかったりもします。

それでは一人暮らしに最も適したテレビは何かというと
コストパフォーマンスに優れたブラウン管テレビに
なってくるのではないでしょうか?

まずは自分の部屋に適したサイズを知って、
置く場所を決めてから探してみることをお勧めします。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。