スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回 引越を楽しもう 

引っ越しをする時に、やっぱり一番大事なのは、お世話になった人への感謝と、これからお世話になる人への誠意が大事かな、と思います。

仕事とはいえ、重い荷物を運び出してくれる引っ越し業者さんへの感謝、お世話になった大家さんや隣人さんへのご挨拶、これから新生活を始める場所の周りの人への挨拶、お礼と挨拶ができれば、皆にこやかにあなたを送り出し、迎え入れてくれると思います。

最後に、ここにいてよかったな。
最初に、ここでこれから頑張るんだ。
そんな気持ちを大きくできれば、本当によい引っ越しなんじゃないかな。

そんなこんなでほっしーの引越し講座は、なんと今日で最終回!
これから一人暮らしスタートラッシュ時期だけど、皆ガンバッテ荷造りしたり,部屋のレイアウト考えたりしてください!

皆さんが4月1日から気持ちよく働き始めることができますように☆



スポンサーサイト

第9回 引っ越しのときの「荷物の詰め方」 

さあ、残すところ後2回となりましたほっしーの引っ越し講座です。
もうすぐですね、きっと3月後半に引っ越しの本番を迎えて、ついに一人暮らしがスタート

そんな時、あれもこれもと適当に荷物を詰め込んだら、探すものはどこにあるかわからない、とか引っ越した部屋が前よりも狭くてごちゃごちゃしてしまったというようなことにならないように、荷物の詰め方をご紹介します!

荷物の詰め方8か条
第1条 段ボールは十字にテーピング
第2条 重いものは小さな箱に
第3条 箱には目印を
第4条 使わないものはまとめて締まって出さない。
第5条 小物は小物箱をつくろう
第6条 割れ物注意
第7条 運びにくいもの(ベッドや鏡)はそのままで 引っ越し屋さんにお任せ
第8条 最後箱


第1条 段ボールは十字にテーピング
ダンボールを組み立てる際、よく四辺を互い違いにはめ込むだけにする場合がありますが、引越し時にはそれは厳禁!荷物が重くなった際すぽっと抜ける危険性が大。必ず箱の底にもガムテープで十字型に補強です。

第2条 重い物は小さな箱に
これは鉄則です。本などは、すぐしまえますし、大きさもある程度揃っているので荷造りに取り掛かりやすいでしょう。しかし、ここで調子にのって大きな箱にどんどん詰めると、いざ蓋をして動かす時に大変!基本的に重い物は小分けにして、楽に運べる重さにしましょう。服も詰め過ぎは重いです。

第3条 箱には目印を
どの箱に何が入っているのかわからないと、全部空けて確かめないといけなくなります。…面倒ですよね。書いておけば大丈夫。効率よく荷解きできます。

第4条 使わないものはまとめて締まって出さない

季節物や使わないものはそのまま収納スペースにポイ!片付けの手間が省けます。

第5条 小物は小物箱に
家具のネジ、電気器具コードなどは一まとめにすれば、どこに閉まったか確認する手間が省けるので、絶対した方がいいです。ビニール袋で全然構わないと思うので、是非。ちょっとのことが後ですごい楽に。

第6条 割れ物注意

食器類などは、ひとつひとつ新聞紙などにくるみ、隙間にも新聞紙等をつめて、中で動かないようにしっかりと固定しておきましょう。
コツは皿類は立てて、茶碗・カップ類は伏せて詰めること!箱には目立つように「割れ物注意」の表示!

第7条 梱包しにくいもの大きな家具や鏡、ガラスケース、照明器具は、当日作業員さんが梱包してくれるましたよ。どう手をつけたらいいのかわからないので、お任せした方がいいと思います。

第8条 最後箱
いざ部屋を出る時に、これも入れるんだった!を防ぐために、1つ閉じないブランクの箱を作っておくことをオススメします。引越し前に最後まで使っているものは、引越し後もすぐ必要になるものです。そういったものをまとめて入れる「すぐ」用の箱を何箱か作っておくと大変重宝しますよ。







第8回 引越フローチャート⑥ 一人暮らしスタート!? 

さあ、ついに引越後です!
新しい土地での新生活!一人暮らし
ドキドキわくわくです
でも、やることやらないと、気持ちのいい一人暮らしはスタートできません。
例えば、郵便局への転居届。私はこれを出し忘れ、友達からの手紙も届かせなかったり、カードの支払明細も届かず、カード会社から連絡が来る事態もあったので、忘れずにいきましょう!

●転入届提出

新住所の役所に転出証明と印鑑を持参し、転入届を提出。(転入日から14日以内に提出しなければならない)。
※転入届は転入日の14日後まで受け付けしてもらえますが、期限を過ぎると過料請求の対象となる場合もあるので十分注意してください。
●運転免許証の住所変更
各都道府県によって異なるんですが、転居したら速やかに所轄警察署の交通課または免許センターへ、新住所の住民票と印鑑・免許証、他県から転入の場合は本人の写真1枚を持参します。車庫証明の変更登録も警察署で。
●挨拶状発送
友人や知人には、なるべく早く引越先の連絡先を知らせておきましょう。
PCとかで、ががっと作って印刷すれば簡単です~☆最近のプリンタは便利

あと、そろそろ引越やさんの手配はした方がいいですよ。3月は引越ラッシュなので、早めに契約しないと、自分の希望日に荷物が運んでもらえなかったりします。自分だけ先に一人引越は寂しいです。折角の一人暮らしなのに、スタートがそんなんじゃ・・・ねえ。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。